松本雄一郎商店

写真はMN-TERRA 1814-1K5Sです。

さんかく屋根のスタイリッシュな物置にテラスを
付けることで自由なライフスタイルの空間と
オリジナリティーあるアイデアデザインのMNテラ。
本体価格[ MN-TERRA 2214-1K5S ]
280,000(税抜)~

ご購入はこちら

左右どちらでも、取り付けできます。

テラスは物置の左右どちらでも取り付ける事ができます。
ライフスタイルに合わせて、自由な収納スタイルを楽しめます。

物干し場に最適です

物干し場に最適です
風通しがよく、屋根もあるので、物干し場として最適です。洗濯ピンやハンガーなども、使用できます。

農作業の道具などの 保管場所に

農作業の道具などの保管場所に
農作業用の道具から、作物の保管場所としても活用できます。屋根があるので雨の心配もいりません。

自転車やバイク置き場に

自転車やバイク置き場に
自転車やバイク置場として、ちょうどいい、スペースです。

防災時に備えて

防災時に備えて
物置は防災倉庫に、オープンスペースは非常時のトイレなど簡易施設の設置場所として利用できます。

テラスの選び方

切妻屋根のデザインを生かす
フラット型
物置の切妻屋根に合わせたシンプルな形状、シャープなデザイン、いままでにない物置を演出します。

柱仕様変更にも対応可能
基本仕様は柱標準タイプですが設置場所の埋設物の状況により柱移動タイプに変更可能。

自転車置場にも出来ます
テラス部分は家族の自転車を置くスペースとしても有効活用できます。

物干しセットが標準装備
雨の日でも洗濯物を干すことが出来ます。

オプション別売

物置の使用用途により、
オプションパネル選択が可能です。
※仕様によって価格は異なります。

機能・特長

屋根部の積雪強度について
霧妻屋根は屋根に雪が残りにくく片流れタイプの製品より雪下ろしの手間が省けます。
※MNは多雪地域仕様を標準タイプに設定しております。

天井からのトラブル軽減
屋根パネルはフラットな形状のため天井部からの埃や雨水のトラブルにもより安心。

換気に配慮
切妻梁後には空気の流れを良くするために換気口を設けております。(後面2ヶ所)

ボルトキャップ付
外回りの化粧用のボルトキャップです。

雨水は両サイドに流れます
屋根が切妻になっているので、雨水が両サイドに自然に流れます。

ベアリング入りローラー
扉の合わせ目はほこりや雨水の浸入防止に配慮しております。

扉は吊り戸方式
上部にアルミレール、戸車はベアリング入りローラー採用で滑りもよりスムーズです。

棚板調節は簡単
棚位置調節は棚フックの移動で簡単。棚の高さ調節は50mmピッチで23段階です。

丈夫な棚板&棚支柱
棚板補強が2本溶接された丈夫な棚板です。棚板強度は2000N/㎡(約200kgf/㎡)。
床面より最下部の棚板上面迄は353mm 最上部迄は1453mmの23段階です。

ユニバーサルデザイン取手
上から下まで凹みのある取手でお子様でも
安心です。

防犯用のシリンダー錠付き
鍵は2個付きです。
1個はキーカバーが付いております。

床は丈夫で安心
床の耐荷重は6000N/㎡
(約600Kgf/㎡)

マツモト物置オリジナルのコンクリートブロック(土台石)
マツモト物置は、デザイン性に優れ、コンクリートブロックではかえってそのデザイン性を損なうため、ベージュ色で土台を飾り、高さも通常10cmですが、12cmにすることにより、強度と通気性を高め、デザインとともに長く安心してお使いいただけるよう配慮しております。
(12cm重量ブロック 1個7.8kg)
※勾配の急な設置場所などには通常のコンクリートブロックを使用する場合があります。
※コンクリート・アスファルトの上に設置する場合は必ず土台石の下にモルタルによる補強工事を行って下さい。
※製品を長く安心してご利用いただくために、ブロック無しの直接設置は出来ません。
※ブロックの裏2面は凹みがあります。

選べる3カラー

本体色・パネル色の組み合わせは自由。
本体は屋根・扉・壁・床板・支柱のすべてを1つのカラーで統一しました。

屋外用高級粉体塗装
塗装は錆にも加工性にも優れた溶融亜鉛メッキ銅板を加工後、
前処理工程を経て屋外用高級粉体塗装を施してあります。

選べる3カラー

扉は吊り戸仕様
開閉は軽くて狂いも少なく強風や凍上現象によるトラブルにも、より安心です。
扉は吊り戸仕様狭いスペースでも出し入れしやすい引き戸タイプを採用
メイドインジャパンだから、日本の住宅事情にあった、
引き戸タイプを採用しています。

※1800タイプ・2200タイプは右引き戸にも左引き戸にもなりますので、組立時にご指定ください。
※2600タイプは、引き分け戸タイプです。

設置事例のご紹介

@matsumoto_monooki

PAGE-TOP