松本雄一郎商店

物置を長く使っていただくには、
始めにキチンとした状況で
設置する事が大切です。

物置は水平に設置しないと、扉の開閉がスムーズにできなくなったり、 扉や壁の隙間からホコリが侵入したり、雨もりなどの原因になります。 そのため、物置本体の品質、機能、耐久性が損なわれてしまうのです。 物置を安心してお使いいただくためには「基礎工事」が何より大切になります。 基礎工事にはいろいろな方法があります。

5つの基礎工事方法

基礎工事には、(1)布基礎工事、(2)ブロック廻し基礎工事、(3)モルタルによる補強工事、(4)土間コン工事、(5)砕石転圧工事と、いろいろな方法がありますが、そのうち2つを紹介します。その他の工事に関しましてはコチラをご参考ください。

設置場所がコンクリートの場合

※コンクリート・アスファルトの上に設置する場合は必ず土台石の下にモルタルによる調整工事を行ってください。

●モルタルによる補強工事

メーカー推奨工事

砂とセメントを水で練り込んだ素材(モルタル)で傾斜面などに物置を設置した場合、水平を保つために使用します。 ※必ず転倒防止工事を行ってください。

モルタルのカラーはオリジナルブロックカラーに近くなります。

設置場所がコンクリートの場合

●土間コンクリート打ち工事

土や芝生の地面に砂利や砕石などを敷き込み、突き固め、その上に直接コンクリートを打った床で安定と強度を保ちます。

サイズ別基礎工事料金表(NT)

PAGE-TOP